スタッフ紹介

院長 小泉 光平(こいずみ こうへい)

港南台あおば鍼灸整骨院 院長の小泉光平です。

私は学生時代、野球部に所属していましたが、腰痛に悩まされ走ることも打つこともつらい状態の時がありました。
そんな時、整骨院で治療していただき体が良くなっていく喜びを知りました。

この学生時代の経験がキッカケで自分も人の役に立ちたい、痛みを抱えている人たちの力になりたいと思い、この業界を目指しました。

あおばでは痛みを改善させる治療はもちろん、痛みが出ない身体をつくるための根本治療にも力を入れています。
あおば式姿勢分析で体のクセを明確にし、一人一人に合った治療法を提案します。

「あおばに来れば痛みがとれる!楽になる!」「あおばに来れば元気やパワーをチャージできる!」
こんな言葉をたくさん頂けるような院づくりをしていきますので、身体の事でお困りの際はいつでもお気軽にご相談下さい。

神谷 真輝(かみや まさき)

自分は学生の頃に怪我をして野球ができない時期があり、治療に通った時期がありました。

その時に将来自分も怪我をした学生の為に役に立ちたいという事を感じ、この業界を目指しました。

新垣 凜(あらかき りん)

小学校の頃からバスケットをしていて怪我をし接骨院に通っていていました。その時にこの業界のとこを知りました。

色々な治療をしてるのを見て誰かの為にサポート出来る治療家になりたいと思いました。

私も多くの人をサポートし、笑顔になってもらえるように頑張ります!

小島 将平(こじま しょうへい)

自分は高校生の頃に部活動に所属していたのですが、胸痛が起こり半年間参加できないということがありました。その時期に周りから支えてもらって、これからは自分が裏から人を支えたいと思いこの業界に入りました。

皆様の健康の為に、日々精進してまいります!